犬猫のマイクロチップは義務化されたの?反対意見もある登録のメリット・デメリットも把握しておこう!

犬猫のマイクロチップ義務化のメリットデメリットと費用は? お世話とケア

2019年6月に、「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」が公布され、犬猫のマイクロチップ装着の義務化が決まりました。

マイクロチップに登録した飼い主情報により、飼い犬や飼い猫が迷子になった時にもオーナーが見つかりやすいというメリットがあります。

でも、「チップを動物に埋め込むのはかわいそう」という反対意見もあるよね。

れん
れん

他にも、登録義務化の前に飼い始めた人はどうしたらいいの?と疑問の飼い主さんも多いみたい。

そこで本記事では、

  • マイクロチップ登録のメリットとデメリット
  • 痛みや動物への負担があるのか
  • 義務化がいつから始まるのか
  • 登録場所や費用

について、簡単にまとめました。

これから犬や猫を飼いたい方や、すでに飼われている方もぜひチェックしてみてください。

 

そもそもマイクロチップとは?

ハウスする犬

犬猫のマイクロチップとは、長さ8mm~12mm、直径2mm程度の円筒形のICチップです。

このICチップに15桁の固有の数字(世界で唯一!)がデータとして記憶されていて、「リーダー」と呼ばれる専用の読取機を使ってその記憶データを読み取ることができます。

マイクロチップ自体にはGPS機能はなく、この15桁の数字に飼い主や動物の情報を登録し、紐づけることで、身元証明になるのです。

※出典:環境省ホームページ 「マイクロチップをいれていますか?」(https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/pickup/chip.html)

登録の流れ
  • STEP1
    ICチップ埋め込み
    犬は生後2週、猫は生後4週以降に埋め込み(医療機関にて)
  • STEP2
    飼い主の情報登録
    動物ID普及推進会議(AIPO)へ飼い主情報を飼い主が登録する。

※AIPOとは、全国動物愛護推進協議会と公益社団法人日本獣医師会が運営する、マイクロチップによる犬、猫などの動物個体識別の普及推進を行っている組織です。

れん
れん

もしも迷子になっても、飼い主さんの連絡先がすぐにわかる名札みないなものだね!

埋め込みの方法と場所

伏せした子犬
マイクロチップを埋め込む方法は、注射器を使い、痛みは採血程度でほとんどないと言われています。

埋め込む場所は、犬猫であれば首の後ろの皮下が一般的です。 (動物種により異なります)。

マイクロチップの埋め込み行為は医療行為のため、必ず病院などで行います。

費用

獣医さんにお願いすることで、埋め込みの費用は5,000円~10,000円ほどで埋め込むことができます。

この他、埋め込んだマイクロチップへの、飼い主情報登録の費用が発生します。

マイクロチップを装着した動物の飼い主は、氏名や住所、電話番号などを「動物ID普及推進会議(AIPO)」のデータベースに登録します。

登録料は1,050円です。(令和元年10月現在)

引っ越し等で登録情報を書き換える際に、追加費用は発生しません。

触ったらわかるの?

「埋め込まれた場所を触ったら、わかるの?」という疑問をよく聞きます。

ごく稀に、飼い主さんが触って小さなしこりのような感触を感じることがあるそうですが、大抵の場合は、手で触れてもわかりません。

また、装着されたマイクロチップは、動物の体の中を移動しないように表面に特殊な加工がされています。

身体にシワが多い犬種では、たまにチップが移動することもあるそうです。

ただ、これが体に悪影響を及ぼすことはほとんどないと言われています。

マイクロチップ装着は義務化されるの?

家でくつろぐ犬
2019年6月に、「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」が公布されました。

この改正動物愛護管理法の公布から3年以内(予定)に、ブリーダーやペットショップなどの業者に対して、犬や猫にマイクロチップを装着することが義務化されます。

環境省による資料によれば、マイクロチップの義務化の概要としては、次の2つが挙げられています。

①犬猫の繁殖業者等にマイクロチップの装着・登録を義務付ける(義務対象者以外には努力義務を課す)

②登録を受けた犬猫を所有した者に変更届出を義務付ける

つまり、法律が施行されると、マイクロチップの埋め込みはブリーダー・動物取扱業者(ペットショップ)に飼われている間に義務が課されます。

そのためペットショップで購入したワンちゃんや猫ちゃんは、すでにマイクロチップを装着されているため、飼い主はマイクロチップのデータの登録変更を行わなくてはなりません。

すでに飼っている愛犬がいる場合は?

一般の飼い主さんに対しては、その飼い犬へマイクロチップ装着の義務はありません。

これは、しなくていいということではなく、「できる限り装着するように努力すること(努力義務)」とされています。

義務化の法律が執行された後も、知り合いの子犬をもらったなど、マイクロチップをつけていない子を引き取る場合もあるでしょう。

マイクロチップの装着にはメリットもデメリットもあることを理解して、飼い主さんが埋め込むかどうかの判断を行うこととなります。

れん
れん

私のいた保護犬施設では、譲渡の際に「マイクロチップ 登録」が条件だったよ。

マイクロチップ義務化へ反対意見もあるの?

おすわりした小型犬

NPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)は、登録の「義務化」には反対をしています。

理由は、多くあり、一例を紹介します。

  • IC情報は完璧ではない
  • 飼い主が飼い主情報の登録手続きを行わなければチップは無効
  • ICチップ義務化により、多額費用がかかり、不妊去勢手術の助成金への影響が懸念される

参照:https://www.java-animal.org/dogs-and-cats/4111-2/

義務化のメリットとデメリット

メリット デメリット
・災害や逃走で迷子になった際に飼い主を見つけやすい
・不法な放置や置き去りなどが減る
・義務化への予算が他の助成金へ影響する可能性がある
れん
れん

いろんな意見があるけど、災害の多い日本では、予期せぬことで離れ離れになった飼い犬や飼い猫と再会できる確率を高くするためにも、マイクロチップに賛成の意見が多いみたい。

最近の普及率は?

走る2匹の犬

最近では、日本でのマイクロチップの普及率は犬で約13%、猫で約3%程度と言われています。

AIPOが運営する動物ID情報データベースには、2020年5月20日時点で以下の登録数があります。

登録数:2,257,459件(犬:1,735,533件、猫:515,879件、その他:6,047件)

出典:動物ID情報データベースシステム

一般社団法人 ペットフード協会による2018年の調査結果によれば、犬:890万3千頭、猫:964万9千頭が飼育されているそうです。

出典:一般社団法人 ペットフード協会「平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査 結果」

世界的にも、ペットへのマイクロチップの義務化は進んでいます。

フランス、スイス、ベルギーといった国々では入出国の際、マイクロチップの装着が以前から義務化されているので、日本から入国する際はペットにマイクロチップを装着させなければなりません。

まとめ

走る子犬

犬猫のマイクロチップの義務化は、2019年6月に、「動物の愛護及び管理に関する法律等の一部を改正する法律」が公布され、3年以内に業者に対して義務化されます。

一般の飼い主さんは、努力義務ですが、迷子の犬猫の殺処分を減らすことにも繋がるため、一般の家庭でも普及してきています。

動物病院でのマイクロチップ埋め込みの費用は5,000円〜10,000円で、飼い主情報の登録料は1,050円です。(令和元年10月現在)

引っ越しの際の情報の変更に追加費用は掛かりません。

マイクロチップ装着の義務化には反対意見もありますが、東日本大震災で迷子のペットが増えたこともあり、現在は肯定的な意見が増えています。

マイクロチップのメリットとデメリットを正しく理解し、責任を持ってペットを飼いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました