保護犬について

レンのビビり奮闘記

男性嫌いの保護犬れん。家族には慣れてくれました。

保護犬が男性を怖がる理由や、保護犬れんが実際に夫に慣れていくまでにどれくらい時間がかかったかの実体験を紹介します。女性に比べて男性に犬が怯える原因ははっきりしていないようですが、無理に撫でたりせずに徐々に「怖くない人」とわかってもらうことが大切です。
保護犬について

保護犬のトイレトレーニングの話。施設でしつけはできているの?

保護犬施設ではトイレトレーニングをしている場合と、そうでない場合があります。また、子犬と成犬でもトレーニングの定着の時間に違いが出る場合もあります。保護犬の里親を検討していて、トイレトレーニングができるか不安な方は、施設にやり方なども聞きましょう。途中の場合も同じやり方を教えてもらった方が犬も覚えやすくておすすめです。
保護犬について

保護犬にビビり犬や臆病さんが多いのはなぜ?飼い主の体験談!

保護犬がビビりや臆病、神経質な性格なことが多いのは、社会化に適した時期にトレーニングができていないこともあるためだと考えらえています。しかし訓練は成犬になってからでも時間をかければできます。ある程度のビビりなどは治すことができますが、びっくりしやすいなどの性格は、個性として受け入れてあげることが大切です。
保護犬について

東京の保護犬カフェまとめ。今すぐできるボランティア!まずはわんこに会いに行ってみよう!

東京都内の保護犬カフェを紹介しています。保護犬カフェとは、里親にならなくても、保護犬と気軽に触れ合える場所です。料金が団体の保護犬ケアに当てられることが多く、すぐにできるボランティアとしてもおすすめです。立川や町田をはじめ、向島などにもあり、アクセスも車で行けるところもあります。ぜひ一度行ってみましょう。
保護犬について

犬の預かりボランティアとは?里親との違いと役割について知ろう!

犬の預かりボランティアとは、保護犬の里親が見つかるまでの一時期間、保護施設や団体から自宅に引き取って世話をすることです。一人暮らしでも猫などではできることが多く、費用も預かり期間中は団体が負担してくれることがほとんどです。ブログの更新などの必要や、しつけや譲渡会への参加など、預かりボランティアをする条件は団体によって違うため、応募前にチェックしましょう。
レンのビビり奮闘記

【実録】保護犬の里親は東京・一人暮らしでも可能?保護犬レンのブログ

保護犬の里親になるために、一人暮らしでも可能か、マンションでも可能かなど、実経験をブログにまとめました。マンションの場合は広さはどれくらい必要か、物件の条件など、必ずチェックをして里親募集している保護犬を探してみましょう。
里親になるまで

里親申請から引き取りまでの期間はどれくらい?保護犬の飼い主になるまでの流れ

保護犬の里親になるまでの手続きにかかる期間や流れを紹介しています。 自宅チェックや、犬を迎えるための道具が揃っているかなどの準備が必要です。保護犬の里親申請をしてから実際に家にわんちゃんがくるまでに、必要なものなどを揃えましょう。
保護犬について

東京の保護犬の施設一覧~里親探しのイベントや譲渡会をチェックしてみよう~

東京で保護犬のワンちゃんに合える施設やボランティア団体をまとめました。 定期的に譲渡会のイベントを開催していたり、里親募集中のワンちゃんの情報はインスタやウェブサイトでも公開されています。 具体的に引き取りを検討できていなく...
タイトルとURLをコピーしました