保護犬はアトピー性皮膚炎になりやすい?肌が弱い原因とは?

保護犬はアトピー性皮膚炎になりやすいのか。 お世話とケア
れん
れん

保護犬はお肌が弱い、アトピー性皮膚炎になりやすいって本当?

アトピー性の皮膚炎は、肌が赤くなったり、痒くなったりする症状です。

ワンちゃんがかかりやすく、そしてかかると完治するよりは長く上手く付き合っていかなければならないものです。

実際に保護犬のれんもアトピー性皮膚炎です。

保護犬がなりやすいと言われる理由や、アトピー皮膚炎についての原因などを解説します。

保護犬はアトピー性皮膚炎になりやすいの?

3匹の雑種犬
保護犬がかかりやすいとは一概に言えません。

アトピー性皮膚炎になりやすい犬種、お肌がデリケートな犬種がいます。

柴犬はその代表的な犬種の一種で、保護犬や元野犬のワンちゃんたちは、柴犬などの日本犬の遺伝子を持っている子が多いため、日本犬に近い見かけや体質の保護犬は、アトピー性皮膚炎にもかかりやすい体質の場合があると言われています。

皮膚炎にかかりやすいと言われる犬種の例
  • 柴犬
  • ウエストハイランド
  • ホワイトテリア
  • シーズー
  • ヨークシャテリア
  • ゴールデンレトリバー
  • シェットランドシープドッグ

など

れん
れん

あたちは、日本の犬の系統がとても強い見かけの犬だから、アトピー性皮膚炎かもしれないと病院で言われたよ。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の症状のある犬の写真

  • 目、鼻、口周りの赤み
  • 足の指、お腹、関節の赤み
  • 毛が薄くなる
  • 乾燥肌、フケ
  • 地肌が黒くなる
  • 痒み

犬のアトピー性皮膚炎は、人間と似ています。

軽度な場合は赤みや痒みですが、ひどくなると色々な場所の毛が薄くなり、肌の色が黒っぽく色素沈着を起こします。

アトピーを引き起こす原因

口の周りが赤い保護犬れん

アトピーを引き起こす原因は、「アレルゲン」と呼ばれる原因物質に、体の免疫が過剰に反応することで起こります。

免疫は、体の中に入ってきた異物を退治しようとする働きです。

この「アレルゲン」飛ばれる原因物質(異物)は、たくさんのものがあり得ます。

原因物質の主な例
  • ダニ、ノミ
  • ハウスダスト
  • カビ
  • 花粉
  • 特定の食べ物

など

れん
れん

原因がわかったら、それを除去してあげられるね。

アトピーを引き起こす原因が何か、特定すると、愛犬の生活からそれを排除すれば皮膚炎も少し収まります。

例えば、鶏肉のアレルギーがあれば、フードを鶏肉の含まれないフードに変えるだけで、変化が見られるそうです。

自宅でのアレルゲンの特定方法

外で遊ぶ犬

まずは、ノミダニ、感染症、寄生虫などを除去するために清潔に保ち、ホコリやカビにも気をつけて身の回りを綺麗にしてあげましょう。

状況がよくなれば、ホコリなどが原因だったと考えられます。

他にお散歩の際に、草むらを避けるなどして状況がよくなった場合は、お散歩中の「ある植物」に反応していたと考えられます。

もしも環境を変えても変化がない場合は、食べ物によるアレルギーが考えられます。

その場合は、血液検査をして食品を特定することも可能です。

出来るだけ検査などは自宅でできることからしたい場合は、今食べているご飯の主原料を確認し、それ以外のものを食べさせるといいでしょう。

ご飯を変えてから効果が見られるには2、3ヵ月かかるそうですが、時間をかけて特定の食品を見つけることも可能です。

れん
れん

あたちは、早く原因を見つけたかったので、血液検査をしたよ!

その報告と費用などはこちらも見てね!

まとめ

眠っている保護犬れん

保護犬はアトピー性皮膚炎になりやすいとよく聞きます。

しかし、アトピー性皮膚炎になりやすい犬種は他にも多く、保護犬に限ってなりやすいものではありません。

保護犬が肌が弱いという印象がある理由は、元野犬の保護犬の場合は、特に日本犬の性質が強く、肌が弱いという特徴があるからだと思います。

実際に私の愛犬の保護犬「れん」も、見かけは柴犬に近い日本犬のようであり、アトピー性皮膚炎になってしまいました。

発症した時期は、1歳〜1歳半くらいの頃に徐々に肌に赤みが出てきました。

検査などをして、幸いにも、それほどひどいものではないため、早めに原因物質を特定して、快適に過ごせるようにしてあげたいと思います。

れん
れん

血液検査についても紹介しているから参考にしてね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました